沿革

沿革

1951年 神戸市中央区新港町、日本包装運輸株式会社から分離独立し、
包装材料の加工、販売を開始し、東洋実業株式会社を設立
1962年 包装技術センターを設立し、業務内容を拡大
1963年 名古屋支社を開設、中部地区の拠点とする
1985年 包装技術のトータルプランニング企業として業務内容を5つのシステム
(包装設計・資材販売・輸出入包装・コンサルティング・技術情報)に集約、
ソフト販売の集中化を図る
1989年 包装関連商品販売の多角化を推進、段ボールケース自動組立機TME-C1、
スウェーデンNEFAB社との提携による合板ボックス・コンテナの販売開始
1993年 東京支社を開設、関東地区の拠点として業務エリアの拡大をめざす
包装技術センター西宮工場を改築、輸出入包装業務の強化を図る
1996年 中国杭州に事務所を開設
1997年 中国上海に意志国際貿易(上海)有限公司を設立
中国での包装・物流コンサルタント業務を開始
包装設計から資材供給、内陸輸送、海上輸送までのサービスを始める
1999年 住化プラステック株式会社の特約代理店として、プラスチック段ボール(サンプライ)や厚物中空構造板(スミパネル)、養生シート、テープなどの販売を開始
2001年 ISO9001品質マネジメントシステム認証取得
2004年 7月1日 社名をアイロップ株式会社に変更
2012年 1月1日 中国、意志国際貿易(上海)の社名を、
“AILOP INTERNATIONAL(SHANGHAI)CO., LTD.〔艾緑富国際貿易(上海)〕に変更
3月1日 タイ、バンコクにAILOP(THAILAND)LTD.を設立
2013年 包装技術センター西宮工場を兵庫県尼崎市へ移転
尼崎物流センター設立
  1. ホーム
  2. 企業情報:沿革